スプリングマットレスを処分する方法5つと費用相場

最終更新日:2021.03.12

引っ越しや買い替えのタイミングで不要になったマットレスの処分って、意外と困りますよね。
とくに鉄のスプリング(バネ)が入っているマットレスは分厚いので、ウレタンのマットレスと違って捨てるのが大変です。

この記事ではスプリングマットレスをできるだけ安く、正しく捨てる方法をご紹介します。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。ここでは、スプリングマットレスの処分方法と処分にかかる費用をお教えします。

スプリングマットレスを処分する5つの方法

1. 粗大ごみとして処分する

各自治体が指定する回収場所まで運び出し、粗大ごみに出すという方法です。
自治体が運営しているということもあり一番「安くて安心できる処分方法」と言えるでしょう。
粗大ごみ回収場所ではなく、クリーンセンターに自分で持ち込む方法もあります。

粗大ゴミに出す方法
  • ①料金シールを指定のコンビニエンスストアで購入する
  • ② ネットか電話でゴミの収集日を予約する
  • ③ 収集日当日に指定の場所に運び出す
費用

大阪市でスプリングマットレスを処分する際の費用は以下の通りです。

スプリングマットレス(シングル・ベッド本体を除く) 700円
スプリングマットレス(セミダブル/ダブル・ベッド本体を除く) 1,000円

参考:「粗大ごみ処理手数料一覧表」 ※2021年3月現在

スプリング入りのマットレスは処理が困難なため処分を外部委託している自治体も多く、その場合は手数料が発生することがあります。
たとえば大阪府柏原市では以下の手数料がかかります。

シングルサイズ 5,600円
ダブルベッドサイズ 9,600円

参考:「スプリング入りマットレスの処理手数料」 ※2021年3月現在

地域によっては収集していないため注意が必要

スプリングマットレスはコイルが中にたくさん入っていて処理・解体が非常に大変なので、自治体によっては粗大ごみ・クリーンセンターで回収していません。
粗大ごみに出す前に、住んでいる地域のホームページを確認しておきましょう。

2. プロの業者に引き取りを依頼する

「自力でごみ回収の指定場所まで運べない」
「居住地域の自治体がスプリングマットレスを回収していない」
という場合は粗大ごみに出すことができません。
そういった状況なら、思い切ってプロの業者に引き取りを依頼するという手もあります。

運び出しから処分まで業者が全て行ってくれるため、その分費用はかかりますが、粗大ゴミの回収日を予約したり、自分で移動させる労力が不要です。

他の不用品も回収してもらえる

業者に依頼すれば、スプリングマットレス以外にベッドフレームや、その他の引っ越しで出た不要な家具・家電などもまとめて引き取ってもらうことができます。

費用

不用品回収業者にスプリングマットレスの回収を依頼した場合、費用相場は約7,000円〜10,000円程度です。
ここからさらに基本料金(人件費+移動費)が発生します。
一般的に不用品の回収や片付けを行っている業者は、人件費、移動費、トラックの積載量で料金を決めています。
そのため、マットレス1点のみの回収だと少し費用が高くついてしまいます。
業者に回収を依頼するなら、マットレス一点のみの引き取りよりも不要な大型家具・家電の回収をまとめて依頼する方がお得になります。

<費用の一例>

・軽トラック1台分で27,500円~33,000円(税込)程度。
軽トラックの大きさは押入れ~1Kくらいです。

・2トン平トラックで66,000円~77,000円(税込)程度。

※入る物の量は、品物のサイズにもよりますが、

  • ・シングルベッド×1
  • ・ファミリー用冷蔵庫×1
  • ・自転車 ・洗濯機 ・メタルラック
  • ・洋服タンス ・ハンガーボックス
  • ・上記プラス段ボール20個
など、一人暮らしやカップルの引っ越しに使う程度の量は入ります。

わたしたちコブツマニアでも、不要な家具のお片付けをしています。
スプリングマットレスの処分にお困りの場合は、ご相談ください。お電話をお待ちしております。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

3. 分解して通常の家庭ゴミとして収集に出す

スプリングマットレスは細かく解体すれば家庭ゴミに出すことができます。
粗大ごみに出せない、全く費用をかけずに処分したいという場合にはおすすめの方法です。

解体作業は大変

スプリングマットレスの解体はプロでも相当時間がかかります。
「素人だけで解体作業をやってみたら10日ほどかかった」という人もいます。
時間に余裕があって体力に自信がある方は挑戦してみても良いかもしれませんが、「引っ越しが迫っている」など急ぎの場合はあまりおすすめできません。

費用

解体して家庭ごみで捨てることができるため、処分費用は無料です。
が、解体するには道具が必要なので、持っていない場合は購入しなければなりません。
解体で使うボルトカッターは2,000円〜3,000円程度で購入できます。

4. 新しいマットレスを購入する際に引き取ってもらう

マットレスを処分したい理由が「買い替え」なのであれば、購入店舗に持ち込んで回収してもらう方法もあります。
その場合、基本的には処分したいマットレスと同じ家具店で新しいマットレスを購入する必要があります。
【無印良品/ニトリ/IKEA/フランスベッド/ナフコ】
などの家具ブランドが引き取りを行っています。
他にも対応している店舗はあるので、新しくマットレスを購入する店舗に確認してみてください。

費用

そのまま回収してもらえれば無料ですが、店舗によっては回収費用が3,000円〜5,000円程度かかる場合もあります。
同種のマットレスを購入しないと引き取ってもらえないところが多く、例えば「シングルベッドを購入してダブルベッドを回収してもらう」といったことができない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

5. リサイクルショップ・フリマアプリを利用する

いらなくなったスプリングマットレスを、リサイクルショップに持ち込む方法もあります。
最近では、業者に売るのではなくメルカリなどのフリマアプリやネットオークションを利用して個人間で売買する人も増えています。
ジモティーなどの地元リサイクル掲示板を利用すれば、発送せず自宅まで取りに来てもらうという選択も可能です。

費用

売ることができれば、費用がかからないどころかプラスになります。
古いマットレスを手放せる上、新しいマットレスの購入費や引っ越しの費用に充てることができるため一石二鳥です。

中古のマットレスはなかなか売れない

マットレスは「寝具」という特性上、中古で買う人が少ないため残念ながらほとんど売ることができません。
ハイブランド家具店の商品であれば、中古でも売れる可能性がありますが、ニトリやIKEAなど、新品でも安価で購入できるブランドのマットレスだと無料でも引き取ってもらうのは難しいでしょう。
リサイクルショップに持ち込む場合は事前にマットレスのブランド・状態を伝えて売れるかどうか電話で確認するのがおすすめです。
フリマアプリやネットオークションの利用を考えている場合は、時間に余裕があるのであれば一度出品してみると良いでしょう。

まとめ

スプリングマットレスは処分が難しく厄介なので、処分方法も限られます。
処分方法によっては時間がかかるため早めに行動しましょう。

スプリングマットレスの処分にお困りでしたら、わたしたちコブツマニアにご相談ください。
マットレス以外に不用品がある場合も全てまとめてご対応させていただきます。
お気軽にお電話ください。

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社