スピーカーの捨て方5つ|ごみの出し方から買取不用品回収まで完全網羅

最終更新日:2021.12.06

テレビ・パソコンの周辺機器やオーディオ機器など幅広い用途で使用されるスピーカー。様々な大きさや種類がありますが、使用しなくなった物をどう処分したら良いか分からないという人も多いでしょう。この記事では、スピーカーの捨て方を5つご紹介します。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。音楽を楽しむためなど、幅広い用途で使われるスピーカー。どうやって処分したら良いのかお悩みの人も多いでしょう。この記事ではごみで出す時の注意点や買取りなどの方法もご紹介しています。

スピーカーの捨て方

スピーカーの捨て方には次の5つがあります。

  1. 1.ごみとして処分する
  2. 2.リサイクルショップで売る
  3. 3.オーディオ機器買取り専門店で売る
  4. 4.フリマアプリで売る
  5. 5.不用品回収業者に依頼する

それぞれの内容をみていきましょう。

ごみとして処分する

ごみとして処分する際は、まずスピーカーの大きさを確認しましょう。ほとんどの自治体では、30cm以下の物は不燃ごみ、30cm以上の物は粗大ごみという扱いになります。またスピーカーを小型家電リサイクル法の対象としている自治体もあります。ごみの捨て方は各自治体によって変わりますので、お住まいの地域の処分方法を自治体ホームページ等で確認するようにしましょう。

粗大ごみで捨てる

多くの自治体では、粗大ごみで捨てる場合、下記の流れで行います。
(1)自治体ホームページから粗大ごみ受付センターに連絡し、スピーカーを処分したい旨伝え、処分費用を確認しましょう。
(2)お近くのコンビニや郵便局などでごみ処理券を必要枚数購入します。
(3)ごみ処理券に必要事項を記入し、処分するスピーカーに貼り付け指定場所に置きます。
自治体によって処分にかかる費用が異なりますので、必ずお住まいの自治体ホームページなどを確認してください。

<例:大阪市の場合>
大阪市の場合、スピーカーの粗大ゴミ処理手数料は200円です。

小型家電リサイクル法の対象である場合

小型家電リサイクル法とは、テレビや冷蔵庫、洗濯機などを除く電化製品の再資源化を促す制度です。自治体によってはすでに多くの家電を対象に取り組んでいるところもありますので、お住まいの地域で小型のスピーカーが小型家電リサイクル法の対象となるか確認しておきましょう。
対象の場合は、スーパーや家電量販店、図書館、市役所などに設置されている小型家電回収ボックスに入れる、もしくはごみ収集場所で資源ごみと合わせて回収するステーション回収、ごみ収集場所に不燃ごみとして処分されたものを選別し回収するピックアップ回収などといった方法がありますので、各自治体の対応を事前に確認しておきましょう。

リサイクルショップで売る

スピーカーの状態が良く、使用に問題がなければリサイクルショップで売ることもできます。ただしスピーカーに対する専門知識がないお店もあるため、適正な価格で査定してもらえないことがあります。逆にいえばノーブランドの物でも買い取ってもらえる可能性もありますので処分したいスピーカーのメーカーや価格を事前にチェックしておきましょう。

オーディオ機器買取り専門店で売る

処分したいスピーカーが有名メーカーの製品であったり、高額な製品だった場合は、オーディオ機器を専門に扱っている業者に査定してもらった方が、適正価格で査定してもらえるので安心です。ただし、ノーブランドのスピーカーの場合は買取りを断られてしまうことがあるので、その場合は通常のリサイクルショップで査定をしてもらうと良いでしょう。

フリマアプリで売る

近くにリサイクルショップがないといった場合は、フリマアプリを活用するのも手です。ただし、スマホで気軽に売り買いができるのがメリットですが、写真の掲載や商品説明をきちんとしておかないと、買い手とトラブルになる恐れもあります。出品する際、傷や汚れがある場合は正確に掲載するようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者とは、家庭で使わなくなった家具や家電、不用品、ごみなどをまとめて回収してくれる業者です。こちらの希望した日時に自宅まで回収に来てくれるので、量が多かったり、重たい物の処分も手間がかかりません。ただし1点だけで依頼すると費用が高くつくことがありますので、いくつかまとめて依頼すると良いでしょう。

私たちコブツマニアでも不用品回収を行っています。電話1本で無料の出張見積りをしていますし、品物によっては買取りも行っていますので、スピーカーやその他不用品の処分をお考えの際は、お気軽にコブツマニアへお問い合わせください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

まとめ

スピーカーの捨て方5つご紹介しました。ごみとして捨てる時の方法や注意点、買取り方法、不用品回収など様々な捨て方がありますので、お持ちのスピーカーとご自分に合った方法を選択し、正しく処分するようにしましょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社