電子レンジの捨て方5つ|リサイクルに出す方法や費用まで

最終更新日:2021.10.27

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。不要な電子レンジは、少しでも楽に処分したいですよね。電子レンジの処分方法をメリット・デメリットで比較してご紹介します。

「電子レンジが壊れてしまった」
「まだ使えるけど、新しい電子レンジを買いたい」
こんなときに困るのが、不要になった電子レンジの処分方法です。
電子レンジのような家電は、処分方法に困る方が多くいます。
新しい電子レンジを購入する前に、できればスッキリ片付けたいですよね。
この記事では、電子レンジの処分方法を5つご紹介し、それぞれのメリットや費用の目安をご紹介します。

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象商品

電子レンジは、小型家電リサイクル法の対象商品に含まれています。
小型家電リサイクル法とは、家電に含まれている有用資源のリサイクルを推奨するために制定された法律です。

小型家電リサイクル法の対象商品であっても、消費者がリサイクル事業者に直接渡さなければいけないということではありません。
自治体や環境省・経済産業省から認定を受けた小売店の回収を通じて、リサイクル事業者に不要な小型家電が引き渡すことができます。

電子レンジの捨て方5つ

電子レンジを捨てる方法は、以下の5つです。

  • ・家電量販店の回収サービス
  • ・リサイクルショップへ持ち込む
  • ・フリマやフリマアプリで売る
  • ・不用品回収業者に依頼する
  • ・粗大ごみまたは燃えないごみとして出す

選ぶ基準は、自分がどんな捨て方を希望するかを意識するといいでしょう。
楽に捨てたい方には「不用品回収業者」が向いていますし、費用をかけたくない方には「粗大ごみまたは燃えないごみとして出す」ほうが最低限の費用で済みます。

電子レンジを家電量販店の回収サービスに依頼する

家電量販店では、小型家電リサイクル法の対象品目を回収している場合があります。
回収サービスの利用には、新しい商品の購入など、条件が設定されていることがほとんどです。
例として、電子レンジを回収している家電量販店の費用や条件をご紹介します。

ヤマダ電機
  • ・費用:1,100円(店頭持ち込み時の料金)
  • ・条件:店頭に持ち込みして回収してもらう
  • ・回収:訪問回収には別途出張費用が発生する

また、ヤマダ電機では製造年式が2014~2021年かつ、動作不良なく使用できる電子レンジについては買取もおこなっています。
本体に破損や変色などがある場合は買取対象外になりますが、少しでも換金したい方は、買取サービスもご検討ください。

ケーズデンキ
  • ・費用:2,200円
  • ・条件:店頭に持ち込みして回収してもらう
  • ・回収:訪問回収には別途出張費用が発生する
ビックカメラ
  • ・費用:無料
  • ・条件:条件利用できるのは電子レンジ購入者のみ(購入商品1点につき、不用品1点を下取り)
  • ・回収:不要電子レンジは、購入した商品配送時に回収

電子レンジをリサイクルショップへ持ち込む

まだ使える電子レンジであれば、リサイクルショップで売る方法も利用可能です。
リサイクルショップに売れば換金できるため、費用を抑えたい方、新しい電子レンジの費用に充てたい方に向いています。

デメリットは、電子レンジは重量があるため、車がないと持ち込みしにくい点です。
また、近隣に家電買取が可能なリサイクルショップがない方にも、利用しにくい方法となります。

リサイクルショップでは、商品の状態を重視されます。
細かな部分までチェックして、状態に問題がないかを確認し、査定結果に反映させているのです。
汚れが目立つ商品は、買取価格の減額につながることもありますので、売却前には少しでもきれいにしてから売るようにしましょう。

わたしたちコブツマニアでも中古の電子レンジの買取を行っております。
電子レンジの買取価格などの詳細は「電子レンジの出張買取」ページでご確認いただけます。

電子レンジをフリマやフリマアプリで売る

まだ使える電子レンジなら、フリマやフリマアプリでも売ることができます。
リサイクルショップと同様に、少しでも換金したい方、費用を抑えたい方におすすめです。

フリマやフリマアプリでは、自分で売る金額を設定できます。
そのため、普通にリサイクルショップで売るよりも、高値で買い手が付く可能性もあるのがメリットです。

デメリットとして、売れるまでのあいだは、在庫を自分で保管しなければいけません。
フリマは開催日が限定されますし、フリマアプリは買い手が付いて発送するまでに時間がかかることがあります。

電子レンジを不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、電子レンジのような家電の他に家具や骨董品・貴金属など、さまざまな物を一緒に回収してくれます。
引っ越しや断捨離のタイミングで、不用品がたくさん出ることがありますよね。
不用品それぞれの捨て方を調べて対応するのは時間がかかるし、とても労力がかかります。
不用品回収業者に依頼すれば、自宅にある不用品をまとめて処分してもらえるので、面倒なく部屋の片付けが完了するのです。
電子レンジの他にも、不用品がたくさん出ている方ほど、お得に利用できます。

デメリットは、処分をすべてお任せするため、他の方法に比べて費用が割高なことです。
しかし、不用品回収業者の中には、まだ使える商品の買取を同時にしてくれる業者もあります。
まだ使える不用品を買取してもらえば、回収にかかる費用を抑えることができるので、費用を抑えたい方でも安心です。

わたしたちコブツマニアでも、処分に困る不用品を多数回収しています。
「電子レンジは重たいから家まで取りに来てほしい」
「他にも処分したい物がたくさんあるし、まとめて回収してもらいたい」
そんな方はぜひ、当社にお気軽にご相談ください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

電子レンジを粗大ごみまたは燃えないごみとして出す

不要な電子レンジを自分で捨てる場合、粗大ごみか燃えないごみに分類されます。
粗大ごみか燃えないごみかの分類は、各自治体によって判断されるため、必ず処分前にご確認ください。

例として、大阪市の場合、電子レンジは粗大ごみに分類されます。
粗大ごみに出す手順は、以下の通りです。

  1. 1.住んでいる地域の自治体に、収集の予約を入れる(電話、インターネット、はがきなど)
  2. 2.処分費用ごとの「粗大ごみ処理手数料券」をコンビニエンスストアなど販売店で購入する
  3. 3.粗大ごみ処理手数料券に必要事項を記入し、捨てたい掃除機に貼り付ける
  4. 4.1で予約した収集日に、自治体の指定場所に掃除機を運ぶ

大阪市の場合、処分費用は400円かかります。
処分費用は自治体によって異なりますが、どの自治体でも数百円レベルが基本です。
処分費用を安く抑えたい方でも、安心して利用できます。

ごみとして出すデメリットは、自分で手順を踏まなければいけないため、手間がかかることです。
収集日の予約から処理手数料券の購入、不要な電子レンジの運搬まで、すべて自己負担のため面倒に感じるかもしれません。
手間なく楽に処分したい方には、費用は割高になりますが、他の処分方法をおすすめします。

まとめ

電子レンジを処分する方法は、大きく分けると「回収を依頼する」「売る」「捨てる」の3パターンです。
楽に処分したい方には回収依頼がぴったりですが、費用を抑えたい方には売る・捨てる方法が向いています。
自分がどんな処分方法を希望しているかを基準に、それぞれの方法を比較することで、自分に最適な処分方法を選びましょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社