着物の買取でがっかりするほど査定額が安い理由と高く売るコツ

最終更新日:2022.06.23

着る機会がなくなり、タンスにずっとしまったままになっている着物。買取を考えていても、「着物の買取でがっかりした」という話を耳にし、なぜ査定額が安くなってしまうのか、疑問に思う人もいるでしょう。この記事では、査定額が安い理由と着物を高く売るコツをご紹介しています。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。親から着物を譲り受けたが、着ることもないので、買取してもらいたいと考えている人も多いでしょう。この記事では、着物を失敗せずに少しでも高値で売るためのコツをご紹介しています。

着物の買取でがっかりする理由

着物の買取でがっかりしてしまう理由として以下のようなことがあげられます。

  1. 1.買取価格に不満を感じる
  2. 2.悪質な業者に依頼してしまった
  3. 3.専門ではない業者に査定してもらった

それぞれの詳細をみていきましょう。

買取価格に不満を感じる

そもそも買取の価格にこだわってしまっている場合、査定金額に不満を感じることが多いです。業者の「高額査定」という広告に期待をしてしまったり、購入した金額と同等もしくは近い金額で買い取ってもらえると思っていたりすると、実際の査定額を見てがっかりしてしまいます。

購入時が高かったから、売る時も高く売れるはずと思ってしまいがちですが、あくまで「古着」となるので、購入時よりも価格は下がります。実際は、ブランド物、高価な生地の物でない限り、高額査定にはなりません。
また、着物は晴れ着なので、そもそも中古で買おうとする人が少なく、多くは着付け教室やレンタル店などに販売することになります。販売先が限られてしまうため、買取金額は安くなってしまうことが多いのです。

悪質な業者に依頼してしまった

買取業者のなかには、価値が判断できない、もしくは不当に安く買い取ろうとする業者もあります。着物の査定は、専門知識が必要なため、正しい知識がない業者に依頼をすると損をしてしまいます。
また、宅配買取においては、業者が査定した後に査定内容を提示し、依頼者が承諾してから買取するという流れが通常です。しかし、承諾なしに買取してしまう、キャンセルを受け付けない、連絡がとれなくなってしまうといった悪質な業者もあります。買取をキャンセルしたいと思っても、「すでに着物を転売した」と言われる、キャンセル・返送料を高額請求してくるといったトラブルを避けるため、事前に良い業者、悪質な業者を見極める必要があります。

専門ではない業者に査定してもらった

着物をリサイクルショップに持ち込むと、質ではなく総重量で査定されてしまうこともあります。着物専門の買取業者に依頼する方が正確に査定してもらえるので、着物の買取専門店を選ぶと良いでしょう。
もしくは、リサイクルショップや買取を実施している不用品回収業者を選びたい場合は、着物専門の査定ができる業者か事前にチェックし利用すると良いでしょう。

着物の買取でがっかりしないためには

着物の買取でがっかりしないためには、以下の点に注意しましょう。

  1. 1.買取価格が低い場合の理由を知っておく
  2. 2.悪質な業者を見抜く

買取価格が低い場合の理由を知っておく

価値がある着物、高額で買った着物でも、一度着た物は古着ということになるので、少なからず価格が低くなると売る前にしっかり認識しておきましょう。特に、以下のようなことがあると、査定額は安くなってしまいますので、チェックしておきましょう。

汚れなどがあり状態が悪い

シミやカビなどの汚れがあり、状態が悪い物は査定額が下がってしまいます。特に生地の表面が汚れている場合は、買取価格に大きな影響があります。すぐに売却はしないが、ゆくゆくはと考えている人は、和服用の抗菌・防虫剤を入れた上で、正しく畳紙に入れて収納しておくなど、丁寧に保管するようにしましょう。

古い着物

著名な匠の作品でもない限り、10年以上経った古い着物はそもそも買い手がつきにくいため、買取価格が下がります。親から譲り受けた物などは、査定額が安くなると事前に認識し依頼するようにしましょう。

サイズが小さい着物

日本人の平均身長は年々上がっているため、サイズが小さい着物も価格が下がる傾向にあります。

証紙・落款がない

価値のある着物は、証紙や落款がついていますが、ない場合は、価値を証明することができないため、価格が下がってしまうことがあります。

着物の素材が化学繊維(ポリエステル・ウールなど)の場合

正絹の着物は高額で査定してもらえますが、素材が化学繊維の物は、購入時も正絹に比べ安価なため、買取もさらに安価になってしまいます。

悪質な業者を見抜くポイント

悪質な業者を見抜くポイントは以下の通りです。

  1. 1.突然の訪問買取りや電話は注意
  2. 2.価値のある着物か事前に調べておく
  3. 3.着物を雑に扱う、対応が悪い
  4. 4.大手や評判の良い業者を選ぶ

それぞれの詳細をみていきましょう。

突然の訪問買取りや電話は注意

こちらが依頼していない訪問買取や「着物・ブランド品などを売りませんか?」と電話があった場合は、着物の他にもブランド品・貴金属を不当に安く買い取ろうとする業者の可能性があります。詐欺や押し買いを行う悪質な業者は、突然の訪問・電話をしてくることが多いので、丁寧な口調であったとしても、まずは疑ってかかることが大切です。

価値のある着物か事前に調べておく

価値のある着物も不当に安く買い取ろうとする業者もあるため、依頼する前に、ブランドや素材、有名作家の作品か調べておくと安心です。どうしても分からないという場合は、知識のある人が身近にいないか探してみる、もしくは業者にいくらで売れるのか相場を事前に聞いてみるのも手です。その際は数社あたってみると良いでしょう。

着物を雑に扱う、対応が悪い

着物の畳み方や扱いが雑であったり、対応が悪い、査定した価格がなぜその価格なのか納得のいく説明がされないといった場合は、依頼しない方が良いでしょう。

大手や評判の良い業者を選ぶ

ホームページはもちろん、SNSやネットの口コミなどで、実際に利用した人の口コミを事前に確認しておきましょう。着物買取りで知名度が高い、もしくは全国展開している大手の業者などを選ぶと安心です。
また、宅配買取りの場合、査定されるまで着物が手元を離れてしまいます。その間に着物の状態を悪くされることを避けるため、価値がありそうな着物は出張買取りの業者に依頼すると良いでしょう。出張買取りを依頼したら、その場で査定してもらい、査定額が妥当であるかきちんと説明をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

私たちコブツマニアも着物の買取りを行っています。着物の鑑定にも精通しており、丁寧に値付けさせていただいております。その他不用品回収も行っていますので、ご家庭で使わなくなった家具や家電、不用品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

まとめ

着物の買取りでがっかりするほど査定額が安くなる理由と、高く買い取ってもらうためのコツをご紹介しました。査定額が安くなってしまう理由を理解し、丁寧に正確に査定してくれる業者を見極めてから、着物の売却に臨みましょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社