ホットプレートの捨て方3つ|まだ使える物と使えない物それぞれの処分方法を徹底解説!

最終更新日:2021.11.04

焼肉やお好み焼き、クレープ、ホットケーキなどで使用されるホットプレートは、多くのご家庭で使用されています。しかし壊れてしまった、新しい物に買い替えたいといった理由で処分しようと思った時、「どうやって捨てれば良いのだろう」と悩んでしまう人も多いでしょう。この記事では、ホットプレートの捨て方を紹介しています。まだ使える物と壊れて使えない物、それぞれどう処分すると良いのか確認してみましょう。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。楽しい食卓の中心に置かれることの多いホットプレート。古くなったからなどの理由で捨てたいと思っても、どうやって捨てれば良いか分からない人も多いでしょう。この記事では様々な処分方法をご紹介していますので、ご家庭のホットプレートの状態と照らし合わせ確認してみてください。

ホットプレートの捨て方3つ

ホットプレートの捨て方は様々あります。ただごみとして捨てるだけではなく、まだ使えるかどうかによって、方法は色々です。どういった処分方法がご自身に合ってるか確認してみましょう。

自治体にごみとして捨てる

ホットプレートは、自治体によってごみの区分が異なります。不燃ごみとして出せるところもあれば、粗大ごみ、小型家電リサイクルとして対応しているところもあります。まずはお住まいの自治体ホームページ等で確認してみましょう。

1.不燃ごみで出す

1辺が30cm以下の物は不燃ごみ、30cm以上の物は粗大ごみとしている自治体が多いです。不燃ごみとして出す時は、ごみ袋に入れるもしくはそのままの状態で、指定の日に出しましょう。不燃ごみは毎週ではなく、月に1~2回と指定している地域が多いため、指定の曜日や出し方を確認しましょう。

2.粗大ごみで出す

不燃ごみでは出せず、粗大ごみとして出す場合は、まずお住まいの自治体の粗大ごみ回収受付に連絡をしましょう。そこで金額を確認し、お近くのコンビニもしくは郵便局で粗大ごみ回収シールを購入します。回収シールに必要事項を記入の上処分するホットプレートに貼り付け、指定場所に置きます。

<例>大阪市の場合
ホットプレートは「粗大ごみ」の扱いとなります。処理手数料は1台200円。
粗大ごみ受付センターへお申込みください。

3.小型家電リサイクルとして回収する

小型家電リサイクル法とは鉄や金、レアアースなどの金属を回収し、再利用する法律です。小型家電リサイクルの対象品目となるかは、自治体によって異なりますが、主な対象品目は、パソコン、デジカメ、携帯電話、デジタルオーディオプレイヤー、ゲーム機などです。ホットプレートが対象となるかは、お住まいの自治体で確認しましょう。

小型家電リサイクルとして処分する際は、ボックス回収、ステーション回収、ピックアップ回収などがあります。
・ボックス回収→公共施設や家電量販店・スーパーなどの小売店に回収ボックスが設置してあり、そこで回収します。
・ステーション回収→ごみ集積所で、資源回収と合わせて回収します。
・ピックアップ回収→ごみ集積所で出せれた不燃ごみ等の中から清掃工場で選別し回収します。

まだ使える場合には

処分したいホットプレートが故障もなく、型も比較的新しいなど状態の良い場合は、フリマアプリやリサイクルショップで売るという方法もあります。それぞれのメリットやデメリットを確認してみましょう。

フリマアプリで売る

フリマアプリはスマホで気軽に出来るため、近年多くの人が利用しています。しかし、写真の掲載方法や掲載商品の状態を詳細に載せないと買い手とトラブルになることも。写真はスマホで見ても分かりやすく、傷や説明書の有無など商品説明を細かく行うようにしましょう。また、買い手がすぐにつかないこともあるため、早急に手放したいという人には向いていません。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップに直接持ち込み、査定をしてもらいます。近年では、ネットで買取りを行っているお店もあるため、最寄りのリサイクルショップを確認してみましょう。ただし、リサイクルショップでは、製造10年以上の家電は査定ができないというところが多いため、事前に商品の型番やメーカー、製造年月日なども確認しておきましょう。

ホットプレートの他にもいらないものが大量にある場合

家の中を片付けていて、ホットプレート以外にも不要な物がたくさん出てくることもあるでしょう。使えるかどうか確認し、ごみとして処分するのかフリマアプリやリサイクルショップで売るのかを一つ一つ選別するのは手間です。その際は不用品回収業者に回収してもらうこともできます。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者とは、家庭で使わなくなった物やゴミを回収してくれる業者です。複数の品があってもまとめて回収してくれますし、重量のある物でも家まで回収に来てくれます。手間のかかるゴミの分別をしなくてもいいというのが大きなメリットです。また買取りを行っている業者も多いので、物によっては高値で売れることもあります。ただし、1点だけだと費用が高くついてしまうので、いくつかまとめて出すのが良いでしょう。

コブツマニアでも、不用品回収を行っています。また買取りも行っていますので、「処分したいものはあるけど査定できるのか分からない」という場合にも安心です。自宅まで回収に行くため、重い物を運ぶ必要もありません。
ホットプレートの回収、買取りも行っていますので、ホットプレートやその他不用品の回収をご希望の際は、お気軽にご相談ください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

まとめ

ごみとして処分する方法や、まだ使える物の処分方法など、ホットプレートの捨て方をご紹介してきました。新しい物や状態の良い物は売ってお金にすることもかできるので、処分を考えていてまだ使えるホットプレートは、型番や製造年月日、メーカーなどを事前に確認しておきましょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社