ギターの処分方法を5つ解説!高く売るためのポイントもご紹介

最終更新日:2022.10.03

趣味としてギターを演奏する方は多くいます。しかし、仕事や家事が忙しいため演奏しなくなり、ギターを処分したくなる人もいるでしょう。

この記事では、ギターの処分方法を5つご紹介します。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。掃除をしていたら、若い頃に買ったギターが見つかることがあるかもしれません。まだ使えるなら、売りたいと思う方もいらっしゃるでしょう。この記事では、ギターの処分方法や高く売るためのポイントをご紹介しています。

ギターの処分方法5つ

ギターの処分方法は大きく5つです。

  • 売却する
  • 知人に譲る
  • SNSで欲しい人を募集して譲る
  • 寄付する
  • ごみとして処分する

不要となったギターは売却以外にも譲ったり寄付したりして処分可能です。

それぞれの処分方法について解説します。

売却する

ギターの処分方法として「売却」をイメージする方は多いのではないでしょうか?演奏できるギターなら、売却できる場合が多いでしょう。壊れていても、修理可能な範囲なら買い取ってくれる場合があります。

また、音の出なくなったジャンク品でも、価値の高いギターなら買取に応じてくれる場合もあります。壊れていても買い取れるか相談してみると良いでしょう。

ギターを売る方法は、以下の4つです。

  • 楽器屋で売る
  • リサイクルショップで売る
  • ネットオークション、フリマアプリで売る
  • 買取業者へ依頼する

では、それぞれの方法についてご紹介します。

楽器屋で売る

楽器屋は楽器に関する知識が豊富なので、ギターの価値を正確に見出してくれます。そのため、不当に安い値段で買い取られたりする心配はありません。

また、お店によっては出張買取や宅配買取、下取りにも対応しています。ホームページを確認し、自分に合ったお店を選びましょう。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップを利用するのも手です。リサイクルショップのなかにはギターの買取に対応している店舗もあり、査定後に現金化することもできます。また、店員と直接やりとりできるので、価格交渉したり査定結果を質問したりできるのも特徴です。

一方、ギターを専門的に買い取っているわけではないので、適正な買取価格を提示してくれるとは限りません。また、ギターの修理に精通したスタッフが在籍しているとは限らないので、壊れたギターは買い取れない場合があります。

リサイクルショップを利用する際は、お店の楽器コーナーやホームページを確認し、買取に強そうかチェックしておきましょう。

ネットオークション、フリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリを利用して売却も可能です。

最低落札価格や出品価格を自分で設定できるため、リサイクルショップより高く売れる場合があります。ただし、買い手が見つからなければ手放すのに時間がかかる点も覚えておきましょう。

買い手が見つかった場合は、ギターを運搬する必要があります。ギターは精密な楽器のため、梱包や運搬には細心の注意が必要です。「楽器専用のハードケースがない場合は運搬不可」としている運送業者もいるため、事前に確認しましょう。

出張不用品買取業者に依頼する

出張不用品買取業者に依頼するのも手です。出張不用品買取業者とは、自宅まで不用品を買い取りに来てくれる業者のことで、大量のギターやアンプといった重たい商品もまとめて売却できます。

私たちコブツマニアもギターの出張買取を行っております。

  • 「古いギターだから」という理由で他社に買取を断られた
  • ギターが多くて持ち運べない
  • エフェクターやアンプも査定してほしい
  • できるだけ高く売りたい

このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。経験豊富なスタッフが対応させていただきます。

高く売るためのチェックポイント

ギターを売るなら「できるだけ高く売りたい」と誰もが思います。売却する際に4つのポイントを押さえておけば、高く売れる可能性が上がるでしょう。

  • 音が鳴るか
  • 弦が錆ついていないか
  • ボディが大きく損傷したり汚れていないか
  • 付属品は揃っているか

ではそれぞれのポイントを解説します。

音が鳴るか

問題なく音が鳴ることは、ギターを高く売る上で重要です。エレキギターはノイズが出たり音が出なかったりすると、買い手側に修理の負担が増え、買取価格が下がるからです。

エレキギターが正常に鳴らない原因は、ピックアップやギター内部、ジャック(シールドの差込口)の不具合などが考えられます。また、本体に問題が見当たらない場合は、シールドやアンプの異常も予想されます。

これらは電気系統と関わりがあるため、知識のない人が修理すると、かえって状態が悪くなることもあります。気になる人は、修理に精通したスタッフがいる買取業者に相談してみましょう。

弦が錆ついていないか
錆びついた弦

弦の錆びつきも買取価格に影響します。弦が錆びるとフレットが削れたり、弦の重さや太さが変わったりして、ギター本来の音色で査定できなくなるからです。

また、錆びた弦は新品より切れやすいため、次の利用者が使いにくい状態とも言えます。買取価格を少しでも上げたければ、錆びついた弦は張り替えましょう。

ボディが大きく損傷していたり汚れていないか

ギターは再利用するために買い取られる場合が多くあります。そのため、ボディが損傷していれば修理費がかかることになり、買取金額は下がります。また、あまりにも損傷が大きければ修理不可と判断され、買取を断られる場合もあります。

汚れや傷も査定時にチェックされるポイントのため、日頃から丁寧に扱い、指紋や油汚れを拭き取ってから査定へ出すと良いでしょう。タバコの臭いもできる範囲で消臭した方が良いと言われています。

付属品は揃っているか

付属品の有無によっても買取金額は上下します。付属品がすべて揃っているギターの方が、買い手側も再販しやすいためです。ケースや保証書といった購入時の付属品は、すべて揃えておきましょう。

また、Fender(フェンダー)やGibson(ギブソン)の純正ケースは人気があり、高く売れる傾向にあります。お持ちの方は、必ずギターとセットで揃えておきましょう。

知人に譲る

知人へ譲るのも処分方法のひとつです。まったく知らない人ではなく、知人の手にギターが渡れば安心できるでしょう。ただし、ギターを欲しがる知人が現れない場合もあるため、確実に処分できるとは限りません。

SNSで欲しい人を募集して譲る

ギターを譲れる知人がいない場合は、SNSで募集するのも手です。SNSは普段関わりがない人とも交流できるので、ギターを処分できる可能性も高くなります。

募集をかける際は、「ギター譲ります」といったキーワードを入れることで、ギターを求める人の目に留まりやすくなるでしょう。ギターの画像を添付するのも効果的です。

ただし、フリマアプリやオークション同様、すぐに引き取り手が見つからない場合があります。また、個人間の取引なので、トラブルが起こりうる点にも注意しましょう。

寄付する

寄付して処分するのもよいでしょう。世の中にはギターが欲しくても手に入らない人もいて、そんな人たちのために一部の団体はギターの寄付を受け付けています。

団体によって寄付できるものは異なるので、ホームページで事前に確認しておきましょう。ここでは代表的な団体を3つご紹介します。

  • NPO法人 不用品の物品寄付で明るい社会を築く会
  • NPO法人 MOTTAINAIJAPAN
  • ECO Trading
NPO法人 不用品の物品寄付で明るい社会を築く会

アコースティックギターやエレキギターなど、ギターならどのような物でも回収可能な団体です。ただし、本体が割れていたり、ネックの反りが激しい物は回収できません。また、送料も自己負担であることを覚えておきましょう。

NPO法人 MOTTAINAIJAPAN

「もったいない」の心を活動の軸とし、日用品や古本などの他に楽器も回収しています。ただし、楽器に名前を記載した物は回収できません。また、送料は元払いである点にも注意しましょう。

ECO Trading

音楽を楽しみたくてもお金がなくて買えない子どもたちへ楽器を届ける団体です。再利用を目的としているため、破損がある物は寄付できません。送料は自分で負担する必要があります。

ごみとして処分する

ほとんどの自治体はギターを粗大ごみに指定していますが、大阪市のような一部の自治体は、小型家電リサイクルの対象としても回収しています。お住まいの自治体がどのような対応をしているか事前にご確認ください。

粗大ごみとして処分する方法

粗大ごみの処分方法として、コブツマニアのある大阪市を例に解説します。以下の3ステップで処分可能です。

  1. 自治体へ粗大ごみ回収の申し込みをする。
  2. コンビニや郵便局で「粗大ごみ処理手数料券」を購入する。
  3. 粗大ごみ処理手数料券をギターへ貼り、指定の日時に家の前に出す。

粗大ごみとして処分するなら、お住まいの自治体へ手続きや流れを確認しておきましょう。また、規定サイズ以下に裁断すれば、素材ごとに可燃ごみ・不燃ごみとして処分可能です。

小型家電リサイクル品として処分する方法

小型家電回収で処分する方法もあります。自治体によりますが、市役所や公民館のような公共施設に設置されている「小型家電リサイクル回収ボックス」にギターを投入するだけで処分可能です。

また、スーパーや家電量販店などの小売店が対応している場合もあります。投入口に入らない場合は、有料で自宅回収を行っている自治体もあるため、手続きや費用を事前に確認しておきましょう。

周辺機器や付属品などを処分する方法

ギターの演奏には様々な機器や道具を使うため、捨て方がわからないものも多いでしょう。ここからは代表的な周辺機器や付属品の処分方法を紹介します。

ギターケース

ハードケースはサイズが大きいため粗大ごみに該当する場合が多いでしょう。

ソフトケースの場合は、規定のサイズ以下に畳めば可燃ごみとして処分できます。畳んだり裁断しても規定のサイズを超える場合は粗大ごみとして処分しなくてはなりません。

ギタースタンド

ギタースタンドは、自治体によって処分方法が大きく異なります。

たとえば、横浜市や川崎市の場合は小さな金属類、もしくは粗大ごみに該当します。一方、大阪市や神戸市の場合は普通ごみ、もしくは不燃ごみに該当します。捨てる前にお住まいの自治体のホームページを確認しましょう。

また、捨てるときは折りたたんだ方がよいでしょう。サイズが大きいと粗大ごみに該当する可能性があり、処分のための手数料が発生します。

アンプ

アンプは粗大ごみか、小型家電リサイクル対象品として回収されます。収集区分は自治体によって異なるため、捨てる前に自治体のホームページを確認しましょう。また、壊れていても買い取ってくれるお店があるので、捨てる前に確認しておくのも手です。

まとめ

ギターの処分方法を5つご紹介しました。ギターは、楽器屋やリサイクルショップ、ネットオークション・フリマアプリ、出張不用品買取業者を利用して売却が可能です。

わたしたちコブツマニアではギターの出張買取をおこなっております。まずは無料査定を試してみてはいかがでしょうか?

ほかにも知人に譲ったり、寄付したりもできます。ごみとして処分する場合は、お住まいの自治体のルールに沿って処分しましょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から20時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社

遺品整理のおうち整理士