学生服のリサイクル方法5つ|寄付や買取リメイクなど幅広く解説

最終更新日:2022.07.11

卒業して着なくなった、また、成長したため着れなくなってしまった学生服。「まだ綺麗だしリサイクルしたい」「必要としている人に寄付したい」とお考えの人もいるでしょう。

この記事では、学生服のリサイクル方法5つをご紹介します。寄付や買取、リメイクなど幅広く解説していますので、学生服のリサイクルを検討している人はチェックしてみてください。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。思い出がつまっている学生服をごみで出すのは抵抗がある、環境問題の観点からもリサイクルしたいとお考えの人も多いでしょう。この記事では、学生服のリサイクル方法をご紹介しています。買取の際の注意点もあわせてご紹介していますので、確認してみてください。

学生服のリサイクル方法5つ

学生服をリサイクルする方法は次の5つです。

  • 1.知人に譲渡する
  • 2.学校や地域の教育委員会などに寄付する
  • 3.NPO団体に寄付する
  • 4.学生服専門のリユースショップに売る
  • 5.リメイクする

それぞれの詳細をみていきましょう。

知人に譲渡する

同じ学校に通う知り合いや後輩、親戚などに譲渡する方法もあります。入学を控えている人や、「持っている制服がサイズアウトしそう」「汚れてしまった」「替え用にもう1着欲しい」と思っている在学生もいるので、周囲に欲しがっている人がいないか聞いてみると良いでしょう。

学校や地域の教育委員会などに寄付する

学校やPTAなどで寄付の制度を設けているところもあり、必要としている後輩に着てもらうことができます。通っている学校にそういった制度があるか、詳細を確認してみても良いでしょう。

また、教育委員会や社会福祉協議会で制服の譲渡やリユースを行っている地域もあります。学校が所在しいてる市区町村に問い合わせしてみましょう。

NPO団体に寄付する

NPO支援団体などに寄付する方法もあります。寄付をすることで、学用品の購入が難しい家庭など必要としている人達に使ってもらうことができます。

また、貧困地域に住む海外の子ども達のところで再利用し、使ってもらえることもあります。寄付先や寄付方法は団体によって異なりますので、自分の希望に合うところを調べてみましょう。

<制服の寄付を受け付けているNPO支援団体>

学生服専門のリユースショップに売る

不要になった学生服をクリーニングして学校に寄付しているリユースショップやクリーニング店もあります。なかには、制服の名前部分を外してくれるサービスを実施しているところもあります。また、制服以外にも、学校指定の鞄や帽子、ローファー、体操着などの寄付ができるところも多いです。有名なところでは、ラミパスやさくらやなどがあげられます。

学生服を買取してもらう時の注意点

学生服を買取している業者の中には、アダルト目的で買取している業者もあります。そういったところかどうかを見分けるには、まず公安委員会の許可を受けている店舗であるかを必ず確認しましょう。また、男子の学生服も買い取っているかあわせて確認すると良いです。

フリマアプリやネットオークションで売ることはNG

メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマアプリ、ネットオークションで学生服を売ることは規約違反になります。場合によってはアカウントを停止されてしまうこともあり、今後サイト内での売買ができなくなってしまうこともありますので、注意しましょう。

リメイクする

思い出のつまった学生服を手元に残しておきたいという人は、リメイクして残すというのも手です。お気に入りのぬいぐるみの服にしたり、額に入れて飾れるようにリメイクしてくれるところもありますので、自分の趣味や希望に合うところを検索してみると良いでしょう。

<参考>

まとめ

学生服のリサイクル方法5つをご紹介しました。学校・地域、NPO団体への寄付や、買取、リメイクなど様々です。思い出のつまった学生服は、自分の希望に合った方法を選択し、リサイクルすると良いでしょう。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から20時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社