電動自転車の捨て方4つ|正しい処分方法とリサイクルから買取まで徹底解説!

最終更新日:2021.10.15

通勤・通学や子供の送迎にも活躍する電動自転車。使わなくなった、故障してしまったなどの理由で処分したいと思っても、どうやって処分したら良いのか分からないという人も多いでしょう。この記事では電動自転車の捨て方4つをご紹介します。普通の自転車とは捨て方が少し異なる部分もありますので、正しい捨て方を確認しておきましょう。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。電動自転車は坂道も楽にこぐことができ、子供を乗せられるタイプから、通勤・通学用まで種類も豊富です。しかし電動自転車の捨て方が分からずにお悩みの人も多いでしょう。今回は電動自転車の捨て方についてご紹介していきます。

電動自転車の捨て方4つ

電動自転車の捨て方は4つあります。

  1. (1)粗大ごみとして捨てる
  2. (2)販売店に引き取ってもらう
  3. (3)リサイクルショップに売る
  4. (4)不用品回収業者に引き取ってもらう
    それぞれどういった特徴があるのか見ていきましょう。

粗大ごみとして捨てる

普通の自転車と同様、電動自転車も粗大ごみとして処分することができます。しかし電動自転車の場合、自転車本体とバッテリーを分けて処分しなければなりません。

まず自転車本体を粗大ごみとして処分する方法は以下の通りです。

  1. (1)お住まいの自治体の「粗大ごみ受付センター」に申し込みます。ホームページからもしくは電話やLINE等で申し込みできます。自治体によって受付方法は様々ですので、ホームページで確認しましょう。
  2. (2)コンビニや郵便局で、必要な分のごみ処理券を購入します。自治体によって異なりますが概ね1,000円程度かかります。(大阪市は700円)
  3. (3)購入した処理券に必要事項を記入し、自転車に貼り付け指定場所に置きます。

続いてバッテリーの処分についてです。
電動自転車のバッテリーは通常のごみで出してしまうと、火災の恐れがあり危険です。多くの自治体では処理困難物として捨てられないとしていますので、ごみとして出すのはやめましょう。バッテリーはリサイクル可能な材料を多く含んでいますので、購入した店舗や同じメーカーを扱っている店舗、リサイクル協力店などで回収してもらいましょう。(回収費用は無料です)

販売店に引き取ってもらう

電動自転車を購入した店舗で処分を依頼することもできます。新しく自転車を購入すると同時に古い自転車の処分を依頼する場合は無料~500円程度、新しい自転車の購入はなく処分だけを依頼する場合は1000円程度の費用がかかります。処分したい電動自転車を購入した店舗がすでになくなってしまっている場合は、お近くの店舗に問い合わせてみると良いでしょう。

リサイクルショップに売る

故障などなく状態が良ければリサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。直接お店に持っていき買取をしてもらうことができますが、お店によっては、インターネットやメールなどのやりとりで査定をしてもらうこともできますので、事前にお近くのリサイクルショップを調べておきましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者に依頼し処分する方法もあります。業者によっては、自宅まで引き取りに来てくれますし、こちらの都合の良い日時に回収にきてくれるため、忙しくて時間がないという人にもオススメです。また買取を行っている業者もあります。

コブツマニアでは、電動自転車の買取を行っています。遠方にお住まいでも引き取りの出張費は無料です。また最新の市場価格をもとに高価買取を行っていますので、電動自転車の買取を希望の際はぜひ、「電動自転車の買取ページ」をチェックしてみてください。

捨てる前に防犯登録の抹消を忘れずに

自転車を捨てる、もしくは買い取ってもらう・譲渡するといった場合でも、手放す前に必ず防犯登録を抹消しておきましょう。防犯登録をそのままにしておくと、その自転車で事件や事故が起きた際に、警察は防犯登録している名義を確認するため、防犯登録をしているあなた自身が巻き込まれてしまうこともあります。

防犯登録の抹消は、お住まいの地域の警察署、もしくはお近くの自転車防犯登録所とされている自転車販売所で、抹消の手続きを行いましょう。そして自転車についている防犯登録シールを剥がしましょう。ほとんどの地域で登録抹消の手数料は無料です。

防犯登録抹消の手続きには、以下の物が必要です。

  1. (1)防犯登録されている自転車
  2. (2)運転免許証や健康保険証などの身分証明書
  3. (3)本体自転車防犯登録カード
    本体自転車防犯登録カードは、自転車購入時に購入店舗から渡されています。紛失してしまった場合は、自転車の車体番号、防犯登録番号、登録時の住所・電話番号等が分かっていれば手続きできます。紛失の際は、これらを準備し、自転車商防犯協会に問い合わせましょう。

まとめ

粗大ごみ、販売店での回収、リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼する方法など、電動自転車の捨て方をご紹介してきました。方法によっては費用がかかったり、逆に買い取ってもらえたりと様々ですので、自転車の状態やメーカーなども今一度チェックし、自分に合った処分方法をみつけましょう。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社