カーテンの処分方法5選 | 捨て方やリサイクル方法を解説

最終更新日:2022.10.05

カーテンを変えるだけでも部屋の印象は大きく変わります。新しいカーテンを購入する場合、今まで使用していたカーテンを処分する必要が出てくるかもしれません。

この記事では、カーテンの処分方法を5つご紹介しています。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。新生活や部屋の模様替えで、カーテンを処分することがありますよね。この記事では、カーテンの処分方法を5つ解説しています。

カーテンを処分する5つの方法

カーテンを処分するには以下のように5つの方法があります。

  • ・ごみとして捨てる
  • ・古着回収サービスを利用する
  • ・売却する
  • ・寄付する
  • ・不用品回収業者へ依頼する

ごみとして処分するほかにも、さまざまな方法があります。

ごみとして捨てる

カーテンを捨てるにしても「何ごみに分類されるのだろう?」と思うかもしれません。結論から申し上げるとカーテンは布製のため、基本的に可燃ごみとして扱われます。

ただし、自治体によっては、カーテンの素材や大きさによって分類が変わる場合があります。捨てる前に確認しておきましょう。

コブツマニアのある大阪市では以下のように分類しています。

カーテンの素材・大きさ ごみの分類
通常のカーテン・特殊加工のカーテン 普通ごみ(可燃・不燃)
畳んでも30cmを超えるカーテン 粗大ごみ

大阪市では「最大の辺または径が30センチメートルを超えるもの、あるいは棒状で1メートルを超えるもの」は粗大ごみになります。粗大ごみは回収の手数料がかかるので、費用を浮かせたい人は畳んだり裁断したりして30cm以下にし、普通ごみとして捨てましょう。

また自治体によっては、防音・遮光などの特殊加工が施されたカーテンを不燃ごみや資源ごみに指定している場合もあります。お住まいの自治体のルールを確認しておきましょう。

可燃ごみとして捨てる場合

ほとんどの自治体ではカーテンを可燃ごみとして処分できます。可燃ごみに出す場合は、自治体が指定している袋にカーテンを入れ、集積所へ指定の日時に出しましょう。カーテンフックなどの付属品は分別が必要です。

また、自治体から指示がなければ防炎カーテンも可燃ごみとして捨てられます。「防炎性能があるから燃えないのでは?」と思うかもしれませんが、防炎カーテンは燃え広がりにくいだけで、燃えないわけではありません。そのため可燃ごみとして処分できます。

ただし、先述したとおり、自治体によっては特殊加工の施されたカーテンを不燃ごみや資源ごみに分類しています。捨てる前に自治体のルールを確認しておきましょう。

不燃ごみとして捨てる場合

自治体によっては、カーテンを不燃ごみに指定している場合があります。防音性のあるカーテンは、金属などの不燃物質でコーティングしている場合があるからです。

不燃ごみとして捨てる場合は、自治体が指定している袋に入れて指定の日時に集積所へ出しましょう。

粗大ごみとして捨てる場合

自治体によって粗大ごみに分類されるサイズは異なります。大阪市の場合は30cmを超えるものは粗大ごみですが、50cmを超えるものを粗大ごみとして定めている自治体もあります。お住まいの自治体のルールに従って処分しましょう。

粗大ごみの捨て方を大阪市を例にご紹介します。

  1. 1.自治体へ申し込みをする
  2. 2.処理手数料券を購入する
  3. 3.指定の場所に粗大ごみを出す

以上の3ステップで粗大ごみを捨てられます。

資源ごみとして捨てる場合

自治体によっては資源ごみとして回収している場合もあります。資源ごみと言えば、瓶・缶や古紙をイメージするかもしれませんが、古布を回収している場合もあるのです。

捨て方は自治体によって異なります。たとえば、「資源ごみは濡れると資源にならない」という理由から雨の日は出さないよう周知している自治体もあります。お住まいの自治体のルールに従って適切に処分しましょう。

回収サービスを利用する

カーテンは、回収サービスでも処分可能です。主に2つの方法で処分できます。

リサイクル業者に回収してもらう

不用なカーテンは、リサイクル業者の回収サービスを利用して処分できます。回収されたカーテンは新たな持ち主に使ってもらったり、引き取り手が見つからなければリサイクルされたりします。ごみとして捨てるよりも環境に優しいのが特徴です。

カーテン販売店に回収してもらう

カーテンの販売店が無料で回収してくれる場合もあります。株式会社ニトリホールディングスでは、2022年5月上旬〜同年6月上旬の期間限定で、カーテンを無料回収し、ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施していました。

また株式会社サンゲツは、環境保全を目的として「サンゲツカーテン・エコプロジェクト」を実施しています。専用のタグがついているカーテンであれば回収してくれます。

売却する

カーテンは、リサイクルショップやフリマアプリなどを利用して売却できます。ただし、リサイクルショップではカーテンを取り扱っていない場合もあるため、査定依頼をする前に確認しておきましょう。フリマアプリを利用する際は、購入年や素材、メーカーやサイズなどを記載するとよいでしょう。

寄付する

物品寄付に取り組んでいる団体に寄付するのも手です。日本ではゴミとして扱われたり、捨てられたりする物でも、世界には喜んで使ってくれる人がいます。

まだ使えるけどデザインが気に入らなかったり、ほとんど使っていないカーテンをお持ちの方は利用を検討してもよいでしょう。ただし、団体によっては送料を負担しなければいけない点にご注意ください。

カーテンを回収している団体は以下のとおりです。

WORLD GIFT
MOTTAINAIJAPAN

※MOTTAINAIJAPANは2022年7月現在、感染症の影響により中古カーテンの回収は受け付けていませんが、感染症が収束すれば受け付けを再開するかもしれません。

不用品回収業者へ依頼する

カーテンは不用品回収業者へ依頼して処分できます。不用品回収業者とは、使わなくなった家具や家電などを回収してくれる業者です。ごみとして捨てる場合とは異なり、自分の都合の良い日時に回収に来てくれます。

ただし、回収には手数料が発生するので、カーテン以外に不用な衣類や家具、家電があるときに依頼するのがよいでしょう。

私たちコブツマニアも不用品の回収を行っております。不用品によっては買取対応をさせていただく場合がありますので、ご負担いただく費用を抑えられるかもしれません。カーテンの処分をお考えでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-20時(土日祝も受付中)

カーテンはリメイクもできる

処分方法ではありませんが、カーテンはリメイクして再利用することもできます。

日用品にリメイクすれば、カーテンを処分しないで済むうえに、生活が便利になります。玄関マットやエコバック、ベッド・ソファーのカバーなど用途はさまざまです。

裁縫が得意な方は挑戦してみてもいいかもしれません。

カーテンの付属品の分別

カーテンの布地は可燃・不燃ごみ、粗大ごみなどで捨てられますが、付属品は分別して捨てなければならない場合があります。カーテンの付属品は主に以下の3つです。

  • ・カーテンタッセルやベルト
  • ・カーテンフック
  • ・カーテンレール

1つずつ解説します。

カーテンタッセルやベルト

カーテンの布地と素材が同じ
カーテンの布地と素材が異なる

カーテンをまとめるタッセルやベルトの素材が、カーテンの布地と同じであれば、まとめて捨てても問題ありません。素材が異なり、かつ金属やプラスチックを使用している場合は自治体のルールに従って分別しましょう。

カーテンフック

カーテンフックも素材によって自治体のルールに沿って分別が必要です。金属製なら不燃ごみ、プラスチック製なら可燃ごみなどに分類しましょう。

カーテンレール

カーテンレールも処分する場合は、サイズに注意しましょう。先述したとおり、規定のサイズを超えるものは粗大ごみに分類されます。自治体のホームページを参考にして、何ごみに該当するか確認しておきましょう。

まとめ

カーテンの処分方法を5つご紹介しました。カーテンは素材や大きさによって捨て方が変わります。お住まいの自治体のルールに従って処分しましょう。

また、誰かに使って欲しい場合は、古着回収サービスや寄付を利用できます。カーテン以外にも不用品がある場合は、不用品回収業者にまとめて処分してもらってもよいでしょう。

ご自身に合った方法でカーテンを処分してください。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から20時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社

遺品整理のおうち整理士