衣装ケースの捨て方って?無料で捨てる裏技や売るためのコツも解説

最終更新日:2021.06.30

洋服などの保管に広く使われる衣装ケース。古い衣類を大量に処分した時やタンスを購入した時など、衣装ケースが不要になると途端に持て余してしまいますよね。大型でかさばるため、なるべく早く処分したいと思う人が多いのではないでしょうか。
この記事では、自治体の決まりに沿った衣装ケースの捨て方を詳しく解説します。そのうえで、ごみとして捨てる以外の処分方法として、リサイクル品としての販売や寄付、そして不用品買取業者の利用という選択肢もご紹介します。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。衣装ケースのような大きな物は処分する機会が少ないので、何ごみとして捨てればいいのか迷いますよね。ここでは、衣装ケースの捨て方を自治体のルールとあわせて解説し、ごみに出す以外の処分方法もご紹介します。

衣装ケースの捨て方は自治体によって違う

衣装ケースを捨てる時、最初にすべきことは、自分が住んでいる自治体のごみの分類についての決まりを確認することです。衣装ケースは多くの自治体で「粗大ごみ」として扱われますが、具体的にどのくらいの大きさから粗大ごみとして扱われるかは、自治体によって異なるからです。

例えば大阪市の場合、一番長い辺または直径が30㎝を超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものは、粗大ごみに分類されます。


一方、横浜市では、プラスチック製品や木製品であれば、一番長い辺が50㎝以上のものが粗大ごみとされます(金属製品であれば、大阪市と同じように一番長い辺が30㎝以上のものが粗大ごみとなります)。
そして、さいたま市では、一番長い辺または直径が90㎝以上2m未満のものが粗大ごみとして扱われます。
このように、どのくらいのサイズから粗大ごみとして扱うかについては、自治体によって大きな差があります。

このため、比較的小さい衣装ケースであれば、燃えないごみ、あるいは燃えるごみとして捨てられる自治体もあります
たとえばさいたま市の場合、一番長い辺が90㎝未満の衣装ケースであれば、燃えないごみとして通常の回収日に捨てることができます。
神戸市の場合、45リットル(縦80㎝×横65㎝)の指定のごみ袋に入るもので、かつ重さが5㎏以下のものは、燃えるごみとして扱われます。

このような事例もありますが、衣装ケースは粗大ごみとして扱われるのが一般的です。なお、自治体によっては粗大ごみでなく「大型ごみ」と呼ばれている場合もあります。まずは自治体の決まりを確認し、捨てようと思っている衣装ケースのサイズを測ったうえで、何ごみとして捨てるべきなのかを正確に把握しましょう。

衣装ケースを粗大ごみとして捨てる場合

衣装ケースを燃えるごみや燃えないごみとして捨てられる自治体であれば、毎週の決まった回収日に他のごみと一緒に捨てるだけですので、特に手間もお金もかかりませんが、粗大ごみの場合は捨てるための手続きや料金が必要です。ここでは、大阪市の例に沿って、手続きを順番に確認していきましょう。

1.申し込み

まず、電話やインターネットで粗大ごみの収集を申し込む必要があります。大阪市の場合、こちらのページに粗大ごみ収集受付センターのリンクや電話番号が掲載されています。
申し込みの時に必要になりますので、衣装ケースの3辺の長さを事前に測っておきましょう。

2.粗大ごみ処理手数料券の購入

申し込みの時に伝えられた金額分の手数料券を購入します。大阪市の場合、衣装ケースを粗大ごみとして捨てる時の手数料は200円です。
手数料券は、「粗大ごみ処理手数料券取扱店」という表示がある市内のコンビニやスーパー、郵便局などで販売されています。

3.収集場所に出す

シール状になっている「粗大ごみ処理手数料券」に受付番号または氏名を記入し、衣装ケースのよく見えるところに貼ります。その状態で、申し込みの時に伝えられた収集日の午前9時までに指定の収集所に出せば、粗大ごみとしての処分は完了です。

手数料には自治体によってばらつきがありますが、おおむね200円から500円程度で処分することができるでしょう

衣装ケースを無料で捨てたい場合の裏技

このように、数百円ではありますが、粗大ごみを出す時には料金がかかります。ただし、衣装ケースが粗大ごみに分類される自治体に住んでいる場合でも、一工夫することでお金をかけずに衣装ケースを捨てられる裏技があります。
その裏技とはすばり、衣装ケースを解体すること。のこぎりなどで衣装ケースを切って、一片の長さを粗大ごみの規定サイズ未満にしてしまえば、通常のプラスチックごみとして捨てることができますので、捨てる時に手数料はかかりません

ただし、衣装ケースは頑丈なプラスチックでできていますので、解体にはそれなりの労力がかかります。料金を支払って粗大ごみとして出すか、労力をかけて解体するか、自分ならどちらがよいか考えたうえで捨て方を決めましょう。

衣装ケースを捨てるかわりにリサイクル

衣装ケースの捨て方はここまでで解説したとおりですが、捨てるかわりにリサイクルをするという選択肢もあります。

特に、処分したい衣装ケースの状態が良ければ、売ってお金に変えられる可能性があります。中でもニトリや無印良品など有名メーカーのものは、買い手が多いため売れる見込みが大きいでしょう。そうしたメーカーものでない場合でも、破損や目立った汚れがなく新品同様のものや、全く同じ製品が複数セットになっている場合などは、買い取ってもらえる可能性が高くなります。

衣装ケースはあまり高額での買取は期待できませんが、お金にならなくても誰かに活用してもらいたい場合には、寄付するという道もあります
まだまだ使えそうな衣装ケースを手放したい時には、これから紹介する方法でリサイクルを検討してみてはいかがでしょうか。

衣装ケースのリサイクル方法1:リサイクルショップに買い取ってもらう

衣装ケースをリサイクルしたい場合、まず考えられるのは、リサイクルショップに買い取ってもらうという方法です。

自分で運べる場合は、近所にあるリサイクルショップに持ち込むのが簡単です。ただし、リサイクルショップは販売を前提に買い取りますので、売れる見込みが無い物であれば、買取はおろか無料でも引き取ってもらえません。せっかく持ち込んだ物をまた持ち帰るはめになるリスクがありますので、持って行く前にまず電話で確認しておくとよいでしょう。
インターネットでサービスを展開しているリサイクルショップであれば、出張買取に対応してくれる場合もあります。買い取り額も町のリサイクルショップより高い傾向にありますので、まずはインターネットで査定を依頼してみるのも一案です。

買い取り相場については、高くても1つ300円程度と思っておきましょう。状態次第では1円という場合もありますが、処分にお金がかからないだけでもメリットはあります。

衣装ケースのリサイクル方法2:フリマアプリなどで出品する

持ち込みが難しい場合、あるいは買い取ってもらえるか不安な場合などは、自分でフリマアプリなどに出品してみるのもよいでしょう。メルカリやジモティーなど、欲しい人と直接交渉できるプラットフォームはたくさんあり、多くの人が利用しています。

特にジモティーは、近隣地域の住人の間での取引を促すプラットフォームですので、直接引き取りに来てもらうという手段もあります。たとえ交渉の結果無料で譲ることになったとしても、送る手間をかけずに処分できるだけで、ずいぶんと手間が省けるのではないでしょうか。

衣装ケースのリサイクル方法3:慈善団体に寄付する

お金には換えられなくても衣装ケースとして誰かに活用してもらいたいという人には、慈善団体に寄付するという選択肢があります。

例えば、株式会社ウォークが運営するエコトレーディングは、衣装ケースを含む様々な不用品を引き取ってタイやフィリピンに輸送する事業です。現地リサイクルショップでの販売や孤児院などへの寄付をとおして現地の生活を豊かにすると同時に、日本で燃やされるごみを減らし、環境問題にも貢献しています。
この他にも、NPO法人「不用品の物品寄付で明るい社会を築く会」は、蓋付きの衣装ケースの寄付を受け付けています。この団体は、寄付された物品を換金し、社会貢献活動を行っている他の団体に寄付をする取り組みを行っています。

どちらの団体の場合も、送料は寄付者側で負担する必要がありますが、直接の持ち込みも受け付けています。ごみを減らしながら社会のためにも役立ててもらえるという魅力的なリサイクル方法ですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

衣装ケースを不用品回収業者に引き取ってもらう

衣装ケースの状態が悪く、粗大ごみの手続きをする時間がない時、あるいは他のものとまとめて処分したい時などは、不用品回収業者に引き取ってもらうのが便利です。
引き取りには費用がかかりますが、もし商品価値があれば、買い取ってもらうことも可能です。多くの業者は、電話やインターネットで依頼するだけですぐに対応してくれます。

ほとんどの業者は回収にも対応していますが、衣装ケース単体で回収してもらおうとすると割高になってしまうことに注意が必要です。自分で持ち込むのが難しい場合は、他の不用品とまとめて回収してもらうことを考えてみるとよいでしょう。

処分費用は小さいもので500円程度から、引き出しタイプの大きいもので2,000円程度くらいが相場です。運よく買い取ってもらえる場合でも、買い取り額は100円程度と思っておきましょう。

わたしたちコブツマニアでも、衣装ケースの引き取りを行っています。最短で即日対応も可能ですので、お急ぎの方もどうぞお気軽にお電話ください。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-20時(土日祝も受付中)

まとめ

衣装ケースの捨て方は住んでいる自治体によって決まりますが、多くの場合は数百円の料金を支払って粗大ごみとして捨てる必要があります。
状態が良ければリサイクルショップやフリマサイトで売れる可能性もありますし、慈善団体に寄付するという手もあります。手間をかけずに早く処分したい場合や、衣装ケースの他にも処分したいものがある場合には、不用品回収業者に依頼するのも一案です。

榛田圭悟の顔

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から20時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社

遺品整理のおうち整理士