部屋のもの全部捨てたい!片付けのプロが教える断捨離のコツ

最終更新日:2021.03.25

最初は広くてキレイな部屋だったのに、ふと気付けば物であふれかえってごちゃごちゃ…。「もういっそ部屋のもの全部捨てたい!」と思うこと、ありますよね。
今回は、ものを全部捨てたい!と思った時の片付け方法やズボラな人でもキレイな部屋をキープするコツを片付けのプロがご紹介します。

こんにちは。
コブツマニアの榛田(はりた)です。
部屋が汚いとそれだけでストレスになりますよね。
かといって、こまめな掃除や片付けができていればこうはなっていないわけで。
今回はカンタンにできる断捨離のコツをご紹介します。 

部屋のもの全部捨てたい!断捨離のメリットとは

一時期大ブームを起こした断捨離。元はヨガの断行、捨行、離行からできた言葉です。
ただ捨てることを断捨離だと思っている方も多いのですが、それだけでは断捨離にはなりません。

断捨離には、

=本当に必要なものを選び、それ以外を買いたいという欲を断つ
=普段使わない、いらないものを捨てる
=まだ使えるかもしれないという未練や執着から離れる

という意味が込められています。
ただ捨てるだけではなく、買い物の時点で「本当に必要か」を考えたり、日本人にありがちな「もったいない」「まだ使える」という気持ちから離れることで、物を処分していけるという考え方です。

では、断捨離をするとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

①部屋が広くなる

物を捨てることで、当たり前ですが部屋が広くなります。スッキリした空間で暮らすとストレスも軽減されますよ。

②掃除がしやすくなる

余計なものがなくなり、部屋が広くなると、掃除もしやすくなります。
掃除がしやすい⇒部屋がキレイ⇒掃除がしやすいというプラスのサイクルになるので、「また部屋が汚くなってしまった」ということにもなりません。

「捨てる」を習慣づけるコツ

「断捨離をしたほうがいい」と頭でわかっていても、なかなか実践できませんよね。どうやったら部屋が片付いていくのか、ご紹介します。

①1日1個は捨てる

1日1個いらないものを捨てると、1年で365個捨てることができます。1日1個、いらないものを探して捨てるようにしましょう。
「毎日コツコツは苦手」という人は、曜日を決めて「火曜日に7個捨てる」などまとめて捨ててもOKです。

②判断に迷う場合は期間を決めて処分を

最初は「これいらない」「あ、これもいらない」とサクサク捨てられても、途中で「うーん…これは……」と迷うものも出てくるかもしれません。そんな時は、迷ったものを入れるボックスを用意しましょう。
1週間や1ヶ月など期限を決めて、その間に使わなかったら処分するようルールを決めます。

③新しいものを買う時は今あるものとトレード 

コップや靴、洋服などは新しいものを買う時に今あるものを手放すようにしましょう。
そうすれば全体の量は増えません。

部屋のものを全部捨てたい!そんな時は

「毎日やる断捨離もいいけれど、それよりも一気に片付けてキレイな部屋でスタートしたい」という場合には、不用品回収業者を頼るのも手です。
本や洋服、家具など手放したいものを一気に回収してくれるので、1日で部屋がスッキリします。また、買取を行っている業者の場合は品物によっては買い取ってくれるので、費用を抑えることもできます。

わたしたちコブツマニアでも、不用品回収を行っています。「部屋の中を一気に片付けたい」「自分でやると途中で止まりそうだから全部持って行って欲しい」という場合には、お気軽にご相談くださいね。

コブツマニアへの無料ご相談はここをタッチ!フリーコール:0120-840-133 受付時間:9-21時(土日祝も受付中)

綺麗な部屋をキープするコツは?

無事に断捨離を終えてキレイな部屋にしたら、そのままずっとキレイな部屋のままでいたいですよね。キレイな部屋をキープするには、コツがあります。

①物を持ちすぎない、買いすぎない

断捨離の由来をご紹介した際にもお話しましたが、物を持ちすぎると部屋がごちゃつく原因になります。何か新しい物を買う時には、「本当に必要か?」と一回考えてみるようにしましょう。

②自分や家族にあった収納にする

自分や家族にあった収納にするのも大事なことです。
片付けをする時に、「なぜこの状況になってしまったのか」を考えてみましょう。

□単純に収納が足りない
□物が増えすぎている

といった原因であれば、収納を増やしたり物を捨てたりすることで解決できますが、片付け方が自分や家族にあっていない場合には、片付け方を変える必要があります。

例えば、洗濯物。いちいちたたむのが面倒な場合は、ハンガーにつるして干し、片付ける時もそのままラックにかけるだけにしておくと便利です。
小さなお子さんがいて、自分で遊んだおもちゃを片付けるのが難しい場合には、箱をひとつ用意してそこに入れればいいだけにする、などです。

まとめ

部屋の模様替えや引っ越しなどは片付けの大チャンスです。部屋のものを全部捨てるくらいの気持ちで片付けてみましょう。

監修:榛田 圭悟

これまでにコブツマニアで700件以上の遺品整理を担当。特殊清掃、リフォーム、骨董品買取など幅広い経験を重ねた上で知識を取得し、お客様に寄り添った仕事をモットーとしている。一般社団法人 遺品整理士認定協会「遺品整理士」を所持。

関連記事

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社