実家の片付けを上手く進めるには?片付けるコツや親を説得する方法についてくわしく解説。

実家に帰省するたびに感じる「ここを片付けなくては…!」という焦り。
「片付けたいけどモノが多すぎて手が付けられない…」 「親がモノを捨てられない性格で、片付けに応じてくれない…」 とお困りの方は多いのではないでしょうか。

こんにちは。大阪で月間380件以上の遺品整理のお手伝いをしているコブツマニアの原田です。この記事では、実家の片付けをしたいけどできない・させてもらえないといったお悩みをお持ちの方のために、ご家族を説得する方法や実家を片付けるコツをご紹介します。

実家を片付けるメリット

単純に”家が片付く”というだけでなく、実家を片付けることで得られるメリットはたくさんあります。
「実はこんな良いことがあるんだよ」とご家族と共有することで、片付けの協力にも応じてもらいやすくなるので、以下で紹介するメリットを提案してみましょう。

● 怪我のリスクを避けられる
部屋が散らかっていると、モノにつまづいて転倒してしまったり、災害時に上から何かが落下してくるなどの危険を伴います。高齢のご両親が自分たちだけで生活している場合は尚更、注意しなければなりません。 モノを減らすだけで怪我の危険性が減り、安心・安全に生活できます。
● モノを見つけやすい
部屋が散らかっていると必要なモノがどこにあるのか分からずどんどん買い足してしまい、さらにモノが増えるという悪循環に陥ってしまいます。片付けてモノを減らすと、どこに何があるかすぐにわかるようになるため探し物をする手間が省け、モノの管理がしやすくなります。
● すっきりした部屋で暮らせる
自分の残りの人生を、モノで溢れ返っている散らかった部屋で暮らすよりも、清潔感のある片付いた部屋で暮らしたいですよね。家を片付けることによって、自分の好きなものだけに囲まれスッキリとした生活ができます。
● 親が亡くなった後、片付けの負担を減らせる
ご両親が亡くなった後いわゆる「遺品整理」として行う実家の片付けは、仕分けする本人がいないためより大変な作業になります。生前に、ある程度片付けておくことで遺品整理の負担を減らすことができます。

ご家族が片付けに協力的でない場合は、こうしたメリットをしっかりと説明して理想の部屋を想像してもらうことが大切です。

実家を片付けられない原因

片付けたい。片付けた方が良い。と分かってはいるものの、なかなか手を付けられないのが「実家の片付け」。漠然と「片付けられない」と思うのではなく原因をしっかりと理解することで、何から始めれば良いのかが自ずと見えてきます。

● モノが多すぎる
いま自分が実家に住んでいない場合でも自分の荷物がまだ置いてあったりと、実家にはとにかくモノが多いですよね。「モノが多すぎて何から手を付けたら良いか分からない」というのは、実家に限らず片付けられない人の一番多い理由のひとつです。
● 思い出の品が捨てづらい
写真や賞状、手作りのものなど、実家には思い出の品がたくさんあります。見ればその時の思い出が蘇りますし、簡単には捨てられないですよね。
しかし、飾っているわけでもなく押し入れにしまいっぱなしでホコリをかぶっている品もありませんか?捨てられない人にとってはそのような状態でも「”大切な品”として置いてある」という認識のためなかなか手放せないんです。
● 世代の価値観の違い
「親が物を捨てられない」という理由で実家の片付けが進まないケースは非常に多いです。
70代・80代くらいの世代で戦時中にモノがない状況で育った人は「もったいない」精神が非常に強いため、まだまだ使えるモノや買った時に高価だったモノなどを「捨てる」という選択肢になりません。モノが増える一方で、一向に片付かない状況に陥ってしまいます。

親を上手く説得する方法

ご両親の意見を無視したまま実家を勝手に片付けようとすると揉めてしまいます。また、旦那様のご家族や奥様のご家族といった義実家だと余計に口を出し辛いですよね。
どれだけ「片付けよう」と言っても聞かない”もったいない世代”。片付けができるよう説得するにはどうすれば良いのでしょうか。

● 否定的なことを言わない
「どうして片付けられないの?」など、お母さまやお父さまを否定するような言葉を言ってはいけません。無理に片付けさせようとするのは絶対にNGです。「汚いから片付けてよ」と言われるとかえってやりたくなくなってしまいます。
また、「捨てる」「処分」という言葉は抵抗感が強くなるため使わないようにしましょう。
● 「一緒にやろう」と言う
実家には両親や兄弟・姉妹も住んでいます。勝手に物を捨てると揉めてしまう可能性があるため自分一人で片付けを始めようとせず、まずは協力を求める必要があります。
「片付けてよ」や「片付けた方が良いよ」というのではなく、「一緒に片付けよう」と言うと協力してもらえる可能性がぐんと上がるためおすすめです。
● 自分の荷物から片付け始める
ご家族に無理に片付けてもらおうとせず、自ら率先して実家にある自分の荷物を徐々に運び出していきます。そうすれば自然にモノは減りますし、自分の荷物なので勝手に捨てられた!と揉める可能性も少ないでしょう。

思い出の品が捨てられない場合は、スマホなどで写真を撮ってデータとして残しておけば部屋のスペースをとることもありませんし、好きな時に見れるのでおすすめです。

片付けるコツ

片付けのコツとして「1日1つずつ捨てる」などのやり方が推奨されていることは多いのですが、実家の片付けの場合、あまりおすすめできません。
もちろんコツコツ続けていればいつかは終わりますが、実家にご両親と一緒に住んでいない場合だと続けているかどうかは毎日確認できないですよね。また、「自分が帰省した時にだけ一緒に片付ける」というようなやり方ではなかなか終わりません。
さらに、モノが多いのは「モノを増やしてしまうから」です。捨てるモノの数よりも増えるモノの数の方が多ければいつまで経っても減らないのは当たり前ですよね。

一気に片付ける

実家を片付ける際におすすめなのは一気に片付けることです。出来るだけまとめて日にちをとって祭りのように片付けてしまうのです。
ここでの「片付ける」は収納するという意味ではなく、「モノを減らす」ということです。一気にモノを減らしてしまえば、突然モノが増えない限りはすぐに散らかってしまう心配がありません。

● 使うか使わないかで分ける
捨てるものと残すものを仕分ける時、片付けができない人は「使うもの」ではなく「いるもの」で分けてしまっています。そういった人たちにとっての「いるもの」は「まだ使える」「いつか使うかもしれない」ものばかりです。
今までそうやって残してきたモノをいざ片付けようとして同じやり方で仕分けてしまっても、結局今まで通り「残すもの」として分類されるだけになります。そうならないために「使うかどうか」「使っているかどうか」で仕分けていきましょう。
● 思い出の品から片付け始めない
何から手を付けて良いか分からない場合は、まず明らかに不要なモノから片付けていってみましょう。写真やアルバムのような思い出の品から手を付け始めてはいけません。思い出に浸ってしまい、作業が進まないからです。
どれだけモノがたくさんあっても始めなければ終わりません。一歩踏み出すことが大切です。

売れそうな品物は買取に。

実家を片付けているうちに売れるものが出てきたらラッキーです。 フリマアプリや買取業者に依頼して鑑定してもらいましょう。

例えば、
切手/コイン/フィギュア/昔のおもちゃ/鉄道模型/時計/カメラ/ゴルフクラブ/レコード/洋酒
などがあれば、一度買取に出してみてください。
コアなコレクターの間で高値で取引されているような品物が紛れ込んでいる場合もあります。
「○○がいくらで売れたよ。」と報告してあげましょう。片付けることがお宝探しのようで楽しくなり、モチベーションも上がります。

業者に依頼すればすぐに終わる

処分するモノと残すモノを仕分けした後、売れそうな品を自分で選別して捨てるモノは粗大ゴミに出す、という作業は相当な時間と労力が必要です。 さらに、片付けているとずっと倉庫に置きっぱなしにしてある誰も使っていない家電や、押し入れにしまっている昔買った健康器具など、いざ処分しようと思っても重くて運び出せないモノがたくさん出てきます。 「これは無理だ」とやる気も下がってしまいますよね。

そんな時は思い切ってプロの片付け業者に依頼してみましょう。業者なら重いものや大きいものの運び出しを全てやってくれる上に、ほとんどの作業がたったの1日で終わります。
さらに買取も行っている業者であれば、片付けの際に出てきた不用品を買い取ってもらえる場合があります。処分したい物の中に買い取れるものがあればラッキーです。片付け作業にかかる費用の足しにできるかもしれません。

まとめ

大量のモノを溜め込んでしまっている実家を片付けるには、まずお父様やお母様を説得するところから始めなければなりません。想像以上に大変ですが、生活のためにも早めに、かつ一気に片付けるのがおすすめです。
大きい家具や家電がたくさんあって自分たちだけでの片付けが難しい場合は、プロの片付け業者に依頼しましょう。

実家の片付けにお困りでしたら、わたしたちコブツマニアにご相談ください!「依頼する気はまだない…」「ちょっと話を聞いてみたいだけ…」といった段階でも大歓迎です。ぜひわたしたちをお役立てください。

お悩みをお聞かせください。

エコマケグループのコブツマニアに電話で相談する。 メールで相談する。

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社