ゴミ屋敷の片付けにかかる費用って?料金相場と費用を抑える方法をご紹介。

実家や、亡くなった親族の家がゴミ屋敷状態に…
私に役が回ってきて、この部屋をなんとかしなければならなくなってしまった…

いわゆる”ごみ部屋”と化してしまったお部屋は、自分たちだけではどうにもできず、プロのゴミ屋敷清掃業者に依頼するしかなくなります。

しかし、「ゴミ屋敷の部屋を片付けてもらうのってすごくお金がかかるんじゃないの…?」とご不安な方も多いのではないでしょうか。

こんにちは。コブツマニアの原田です。この記事では、ゴミ屋敷状態になってしまったお部屋の清掃にかかる費用や料金事例、正しい業者の選び方を解説します。

ゴミ屋敷片付け業者の料金相場

パッと見てすぐにわかるように、ほとんどの清掃業者が、このように間取りごとの料金設定をサイトに記載しています。

しかし、実はかかる費用は「間取り」ではなく「物量」によって決まるんです。

一般的な清掃業者は、トラックの積載量で料金を設定しています。
ゴミ屋敷清掃にかかる費用の相場は、2トン平トラックの積載量だと、約6万円~7万円程度です。
単純計算で2台分ならその倍の12万円〜14万円前後かかることになります。

プロの業者に依頼すると「ゴミ屋敷の清掃」というだけで、漠然と高額費用がかかるイメージがありますが、内訳は「物量」と「作業量(人手や清掃にかかる時間)」です。

いわゆる”ごみ部屋”と化したお部屋は物が多いため、「物量」も「作業量」も増え、普通のお部屋の清掃より費用が高くなるというわけです。

例えば、ゴミ屋敷ではない4LDKの一軒家をまるごとお片付けするのと、ワンルームのゴミ屋敷の掃除が同じ金額になるという場合もあり得ます。

「全体でどれだけの物量か」に加え、ハウスクリーニングなども必要な場合は追加料金がかかるため、部屋の状態と、必要な作業によって金額は大きく変わってきます。

ゴミ屋敷清掃業者ができること

業者によって何が出来るかは異なります。
不用品を全て回収した後、簡易清掃のみを行う業者もいますが、中には、ハウスクリーニングやリフォームまで請け負っている業者もあります。

孤独死で死後発見が遅れてしまった現場がゴミ屋敷だった場合などは、不用品の回収だけでなく、いわゆる”特殊清掃”が必要になります。
特殊清掃も請け負っているかどうかは、業者に確認しなければなりません。

事前に、どこまで出来るかどうかをしっかりと確認してから依頼するようにしましょう。

料金事例

実際に、わたしたちコブツマニアにご依頼いただいたゴミ屋敷のお片付けの事例と、かかった費用をご紹介します。

叔父のごみ部屋を遺品整理

お客様の状況
■地域:大阪府堺市
■ご依頼内容:1DKのアパートで一人暮らしされていた叔父様の遺品整理
■ご依頼者:40代女性

弊社が行ったサービス内容
■作業人数:2人 ■作業日数:半日
■料金:100,000円

このお部屋に住まわれていた男性は身寄りがなかったため、亡くなった後、姪である依頼者の女性に話が回ってきたとのことでした。

賃貸だったためすぐに退去しなければならないということで、早めの清掃を希望されており、ご依頼をいただいてすぐに作業に取り掛かりました。

特にキッチンは賞味期限切れの調味料や飲みかけの飲料水、食べかけの食材が散乱しており、異臭が放たれている状態。

異臭の除去作業に少々時間がかかったものの、全てのモノを撤去し、すぐに退去できるくらいにまで原状回復させることができました。

両親のごみ部屋

お客様の状況
■地域:兵庫県尼崎市
■ご依頼内容:両親が暮らしていた2LDKのマンションの片付け
■ご依頼者:50代男性

弊社が行ったサービス内容
■作業人数:3人 ■作業日数:1日
■料金:230,000円

元々は、ご両親が二人暮らしされていたそうですが、2年前にお父様が他界されてからはお母様の一人暮らしとなっていたようです。
元々モノが捨てられない性格だったというお母様。

お部屋にはテレビショッピングで購入されたと思しき品物が箱に入ったまま山積みにされている状態でした。

他にも、洋服やバッグなどがいたるところに散乱しており、それらを剥がすと埋もれていたソファが出現するという有様。

物量が多く大変な作業でしたが、作業は1日で終了し、ご依頼者とお母様にお喜びいただけました。

ごみ部屋の清掃は自分で出来る?

自分でなんとかするのは相当大変

ゴミ屋敷状態の部屋の清掃は、なかなか自分だけで出来るものではありません。

知識のないまま素人だけで行ってしまうと、アレルギーや喘息の原因に繋がるなど、危険を伴います。

特に、食べ残しやペッドボトルの飲料など、有機物系のゴミが多い場合は、悪臭を放ち、ゴキブリやハエ、ねずみなどの害虫や害獣が発生している可能性が高く、 除去は非常に困難を極めます。

自分だけで行うとなると、衛生的にも精神的にもしんどい作業になるでしょう。

さらに、ゴミ屋敷の清掃は想像以上に時間と労力が必要です。

お部屋がどの程度の状態かにもよりますが、2〜3人がかりで丸3日間かけても終わらなかった、なんて話もあります。

プロの業者に依頼するメリット

メリット1作業がすぐに終わる
素人だけで進めてしまうと、なかなか終わらないゴミ屋敷の清掃。
そもそも、物を捨てられずゴミ屋敷にしてしまった本人が、ゴミを捨てる作業をすぐに出来るようになんてなりませんよね。
プロのゴミ屋敷清掃業者に依頼すれば、たいていのお部屋は1日足らずで片付いてしまいます。
賃貸退去が迫っているような場合だと、ギリギリに依頼しても片付けてくれるため、業者に依頼するのがおすすめです。
メリット2売れるモノは買い取ってもらえる
ごく稀にゴミの中に「売れる商品」が紛れ込んでいることがあります。
実際、ゴミ屋敷の清掃を行っている最中に、ブランド品や貴金属、購入から3年以内の家電などが出てきて、買取をさせていただいたこともあります。
買い取ってもらえる商品が出てきたらラッキー。
片付け費用の足しに出来るかもしれません。
メリット3必要な物を探し出してくれる
亡くなった方の家がゴミ屋敷だった場合、遺品整理という形での清掃になりますが、手続きに必要な書類などがゴミの中に埋もれてしまっていることが多く、それらを自分で探し出すのは非常に困難です。
「通帳や印鑑、必要な書類が出てきたら取っておいて欲しい」と清掃業者に事前にお願いすれば、見つけた際に取っておいてくれるため、探して欲しいモノがある場合は業者に依頼するのがおすすめです。

費用を抑えるためのポイント

自分だけでやるよりプロに依頼する方が良いと分かってはいても、やっぱり気になるのは費用ですよね。
「かかる費用を少しでも安くしたい」という方は以下のポイントを抑えておきましょう。

● 混雑する曜日や日程を避ける
土日祝や、引越しシーズン、大掃除シーズンは予約が混み合いやすく、その分、基本料金も高くなることがあります。
そういった時期を避けるだけで費用を安く抑えられる可能性があるため、依頼する前に出来るかぎり日程を調整してみましょう。
● 複数社に見積もりをとる
一社のみの見積もりで決めてしまわず、出来るだけ複数社に見積もりを取りましょう。
「”ゴミ屋敷”という状態が恥ずかしい」と複数社に見積もりを取ることを避けたいという方も多いですが、相見積もりを取っていることを他社に言えば、他社の見積金額を考慮して割り引いてくれることもあります。
ぜひ、積極的に交渉してみてください。
● ひとつの業者に全て依頼する
不用品回収はこの会社、ハウスクリーニングはこの会社・・・
と業者を分けて依頼するよりも、出来るだけひとつの業者にまとめて依頼する方がトータルの費用が抑えられます。
業者選びの際には、自分が必要としている作業内容が含まれているかどうかを確認して、買取や不用品回収、ハウスクリーニングなど幅広く行っている会社に依頼するようにしましょう。

「出来るだけ安くで済ませたい」という気持ちが早まるあまりに”格安”業者に依頼してしまうと、中には粗悪な作業を行ったり、作業後に高額な追加料金を請求してくる業者もいるため、費用だけで見ずに信頼できるかどうかで業者を選びましょう。

良い業者の選び方

丁寧な対応
質問や相談に丁寧に答えてくれるなど、電話応対のスタッフや訪問に来たスタッフの対応が良い業者は、作業も丁寧できちんとしている可能性が高いです。
電話口で態度の悪い業者の場合は、自宅に来るスタッフの対応も良くないケースが多いため、電話の時点で怪しいと感じたら、訪問を断りましょう。
料金の記載がある
ホームページで明確な料金設定を記載していない業者には要注意です。
電話口で安い金額を提示して、当日の作業後に高額料金を請求される恐れがあります。
料金を記載している場合でも、追加料金などがかからないかどうかを事前にしっかりと確認しておきましょう。
訪問無料見積もり
良心的な業者は、電話口で契約してしまわず、部屋を見に来て見積もりを取ってくれます。
大抵の業者は無料で訪問出張見積もりを行っているため、事前に部屋を見てもらってから依頼するか決めましょう。
一般廃棄物収集運搬の許可証がある、または許可業者と提携している
「一般廃棄物収集運搬許可証」は不用品を回収・運搬するのに取得が必要な許可です。
民間企業の取得が非常に難しいため、依頼する業者が許可を持っていなくても、許可のある業者と提携していることが確認できればOKです。
万が一、許可証のない業者が適切に廃棄を行わず「不法投棄」をした場合、持ち主まで罪に問われてしまうケースもあるため、許可証の有無及び提携先はしっかりと確認しておきましょう。

近年、ゴミ屋敷の清掃や遺品整理を行っている民間業者は増えています。
たくさんある業者の中で、良い業者をしっかりと見極めて、あなたに合った業者に依頼できるようにしましょう。

わたしたちコブツマニアでも、ゴミ屋敷の清掃や、遺品整理をお手伝いしています。
「ちょっと話を聞いてみたいだけ…」といった軽い相談だけでも大歓迎!
ぜひ、一度お電話ください。
0120-840-133(通話無料)

まとめ

ゴミ屋敷状態の部屋の清掃をプロの片付け業者に依頼した場合、部屋の大きさ(間取り)ではなく、物量と作業量で料金が決まります。

ゴミ屋敷の清掃を自分だけで行うことは非常に困難を極めるため、専門のゴミ屋敷清掃業者に依頼するのがおすすめです。

料金だけで決めるのではなく、良い業者をしっかりと見極めて、自分に合った清掃業者に依頼するよう心がけましょう。

わたしたちコブツマニアでも、ゴミ屋敷の清掃や、遺品整理をお手伝いしています。
当日に追加料金が発生するようなことも一切ないので、安心してご利用ください。
お電話をお待ちしております。

フリーコール:0120-840-133/受付時間 9時から21時 年中無休

コブツマニアができること

サービス・運営会社

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社